日本人女性の12人に1人が乳がんになるといわれています。

乳がんは20代から見つかり始め、その後30代から増加し

40~50代女性が最もかかりやすいがんの1つとされています。
(2001年以降、1年間に乳がんを発症する人数は4万人を超える)

早期発見さえできれば、乳がんから女性を守ることができます。

全ての女性が自分自身の問題として気づくために

また乳がんをもっと日常生活の中で意識してもらうために

「検診のきっかけづくり」

「気づき」の活動。

自分の大切な人のために

自分の身体について

考えるきっかけ!